FC2ブログ

新幹線よかよかきっぷ

新幹線よかよかきっぷは厚狭・新下関⇒博多、小倉⇔博多を往復利用できる割引切符です。
矢印方向のみに設定があります。有効期間は1日です。
小倉~博多間は在来線特急や高速バスとの競争が激しく、ビジネス客以外を取り込むために土・日・祝日に、大幅に割引して需要を掘り起こしています。

yoka160131a.jpg
yoka160131b.jpg

切符の名前は「新幹線○○よかよかきっぷ」(○○は行き先が入ります)となっています。

VIEWカード・グリーン車利用券

VIEWカード・グリーン車利用券はビューサンクスプレゼントのポイント交換商品の1つです。
よって非売品です。
800ポイント(2000円相当)で交換でき、JR東日本管内の特急に1列車1回使えます。有効期間は6ヶ月です。

view170807.jpg
お客様用です。窓口用は回収されたのでありません。

特急券は□V・Gが表記されたものが発券されます。
無割引の指定席特急料金となるため、グリーン車にも関わらず、繁忙期や閑散期が適用されます。
view170807t.jpg
view170807g.jpg
座席指定はグリーン用の0円券が発券されます。

VIEWカード・普通列車グリーン車利用券

VIEWカード・普通列車グリーン車利用券はビューサンクスプレゼントのポイント交換商品の1つです。
よって非売品です。
400ポイント(1000円相当)で2枚と交換でき、有効期間は3ヶ月です。

view170307.jpg

使う際には自身で利用区間を記入します。
券面には1回に限りと書いてありますが、グリーン券と同様に乗継利用ができます。
私は平日に51km以上乗ることが多いので、恩恵に与っています。

昼間特割きっぷ

JR西日本では、京阪神地区の主な区間で昼間特割きっぷを発売しています。
名前の通り、昼間しか(土休日は終日)利用できない代わりに、大幅に特別割引したきっぷです。
誕生は国鉄時代で、対私鉄対策で発売され、JRに引き継がれています。

tokuwari161025.jpg

長らく11枚つづりでしたが、2016年10月にリニューアルされ、6枚つづりとなり、割引率が小さくなりました。

トクだ値のルール変更

トクだ値はJR東日本が行っているインターネット予約・えきねっと列車限定割引の切符です。
仕組みは飛行機の特割に似ています。
区間を定めて割引する代わりに発券後は指定列車しか乗れない、前後の列車への変更ができない切符です。
従来、乗遅れは特急券・乗車券ともに無効でしたが、2015年3月14日からはルールが一部変更され、乗車券のみ当日有効になりました。

tokudane150610.jpg

この切符は福島デスティネーションキャンペーンで発売されたお先にトクだ値スペシャルのもので、50%の高割引となっています。

九州ネット早特3

九州ネット早特3はJR九州が行っているインターネット予約限定の割引切符です。
主要駅間のみ設定されています。
この切符は九州ネットきっぷと比べ500円前後安くなっています。
基本的には在来線区間は4枚きっぷの1枚分の値段となっております。
その分、制約もあり、3日前までの予約、乗り遅れの時は乗車券部分のみが払い戻しとなります。

kyushu150406a.jpg
kyushu150406b.jpg

この切符は日豊線特急ソニックのものです。
乗車券(A券)と特急券(B券)に分かれており、乗車券部分は企画乗車券と表示されています。
また、乗車券と特急券の(企)番号がなぜか違います。(謎)
乗車券は九州ネット早割7と共通となっています。
それから、券面がにぎやかで、いろんな制限が書かれています。
特急券には指定列車のみ乗車可という、九州ネットきっぷには無い文言があります。
それから、乗車券が2日以上有効でも下車前途無効で、普通の乗車券と違う部分もあります。

2014佐賀インターナショナルバルーンフェスタ記念乗車券

JR九州では佐賀インターナショナルバルーンフェスタの開催に合わせて、佐賀駅からの往復記念乗車券を発売しています。
2014年版です。

balloon141030.jpg

大人用が1万枚用意されますが、売り切れた場合や子ども用として、駅名などがあらかじめ印刷されている臨発の軟券往復乗車券も用意されています。

都区内フリーきっぷ(現都区内パス)

都区内パスは2001年までは都区内フリーきっぷという名称でした。
2001年までの都区内フリーきっぷには23区内のみフリータイプと、23区外の駅から往復+23区内フリータイプがありましたが、この時に23区内のみフリータイプが都区内パスと名称が変わりました。

tokunai941231.jpg

1994年発行の券売機券です。
印字は都区内フリー乗車券となっていました。

都区内パス

都区内パスは東京23区内のJR線に乗り放題の切符です。
ルーツは1971年に発売された国電フリーきっぷです。
23区内のみフリータイプと、23区外の駅から往復+23区内フリータイプがありました。
1987年には国鉄分割民営化に伴って都区内フリーきっぷとなりました。
2001年には23区内のみフリータイプが都区内パスと名称が変わりました。

tokunai030331.jpg
tokunai070827.jpg

上が2003年、下が2007年発行の券売機券です。
券売機の種類によって若干、フォントが違っています。

開業10周年感謝・お隣ワンコインきっぷ

JR九州では九州新幹線開業10周年に感謝して、お隣の駅まで500円で乗れる切符を発売しました。
昨年は開業2周年を記念して同じような切符が発売されましたが、今回は感謝という表記になっています。
設定日は直後の土曜日、3月15日でした。
前日までの購入で、乗車駅でしか発売しないというのは前回と同じでした。

onecoin140315.jpg
プロフィール

つばさのブログ

Author:つばさのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR