FC2ブログ

通過連絡運輸(福岡市交通局)

運賃計算の制度に通過連絡運輸というのがあります。
これはA社~B社~A社の路線を乗る場合、A社の距離を通算できるというものです。
A社とB社であらかじめ区間を決めて設定します。
JR(西日暮里)東京メトロ(北千住)JR、JR(中野)東京メトロ(西船橋)JRなどは発着駅を決めて設定しています。
JR~伊勢鉄道・北越急行等~JRなどは全国どこの駅でもO.K.です。

この制度、JRと福岡市交通局にも設定があります。
(A駅)JR(姪浜)地下鉄(博多)JR(B駅)です。
A駅は下山門~西唐津間、B駅はJR九州全駅、本州主要8駅です。
福岡市交通局・料金の制度

tsuka100228.jpg

写真は通過連絡運輸の切符です。
JR線は合計97.4kmで100kmを超えていませんが、地下鉄分9.8kmを加えると100kmを超え、途中下車できます。
鹿児島線の途中駅に用事があったので、駅員氏に途中下車できますかと聞いてみたところ、POS機能を使って入力し、2日間有効であることを確認してくださいました。
その後、クレジット決済でとお願いしたところ、マルス機能の方に入力し直して、発券されたのが写真の切符です。
現金…POS、クレジット…マルスと使い分けているようです。

途中下車は地下鉄線内は禁止となっており、駅員氏もそのことを強調されていました。
福岡市高速鉄道連絡運輸規程
第22条の切符のひな型には「地下鉄1号線 途中下車禁止」となっています。

この切符は在来線経由ですが、新幹線経由でも可能かと思われます。
機会があったら試してみます。
プロフィール

つばさのブログ

Author:つばさのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR