FC2ブログ

スーパーあずさ

スーパーあずさは東京・新宿~松本間を結んでいる特急です。

1994年12月に振子型電車E351系を使った列車にスーパーあずさの愛称が与えられました。
その後、振子型電車の増備とともに本数を増やしていき、半数がスーパーになりました。
2017年12月からE353系に置き換えが始まり、2018年3月に全列車がE353系となりました。
その後、あずさもE353系に置き換えが進んでいるので、現在の違いは停車駅が若干少ない程度となっています。

azusa190112.jpg

2019年3月のダイヤ改正では全列車、あずさに統一されることになり、スーパーあずさの名前は無くなります。

復路専用乗車券その後(名古屋駅)

東海道線(新幹線を含む)と中央西線との運賃は金山乗換で計算されますが、金山を通過する列車に乗り、名古屋で乗り換える場合は特例で金山~名古屋の往復乗車を認めています。
ただし、名古屋で途中下車はできません。
このようなケースは全国に多くあり、時刻表にも掲載されています。
もし、途中下車したい場合は往復分の運賃を別途払わなければなりません。
そのために、以前は復路専用乗車券を備え、往復分の運賃をいただいておりましたが、2010年代以降は名古屋、金沢、苫小牧、釧路に残るのみとなりました。
名古屋でも2018年あたりから改札にあるマルスで往復乗車券を発券する方法に変わりました。
中央改札で精算した際に発券された切符です。
fukuro190112.jpg

その時に使った切符です。
fukuro190112a.jpg

復路専用乗車券が欲しかったのですが、時すでに遅しでした。
しかし、中央改札発行の乗車券(区間変更券ではない)をgetできたので良しとしましょう。

マルス券(北越急行完結)

北越急行では六日町駅、犀潟駅、十日町駅東口の出改札業務をJRに委託しています。
なので、それらの駅では北越急行完結のマルス乗車券も購入できます。

hokuetsu181217m.jpg

社線完結なので120mm券で発券されます。
クレジット決済も可能です。

出札補充券(北越急行)

北越急行は切符の発売は基本的に自動券売機です。
ただし、十日町駅西口の北越急行窓口には補充券が用意されています。
出札補充券です。

hokuetsu181217.jpg

特別補充券で発行できない往復切符やJR連絡切符の発行に使われておりますが、線内の片道切符も発行可能です。
プロフィール

つばさのブログ

Author:つばさのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR