FC2ブログ

さようなら・貨物列車記念入場券(岳南鉄道)

岳南鉄道では貨物列車廃止を記念してA型硬券の入場券を吉原駅で発売しています。

kamotsu120607a.jpg
kamotsu120607b.jpg
kamotsu120607c.jpg
kamotsu120607d.jpg
kamotsu120607e.jpg

当初は4種類でしたが、うち1種類が売り切れとなった際、新たにもう1種類作成され、現在は5種類が発売されています。

料金補充券(木葉駅)

料金補充券はどのような料金券でも発券できるオールマイティな切符です。
マルスやPOSが無い駅を中心に使われています。

木葉駅は簡易委託駅ですが料金補充券があります。
ただ、発券できるのは熊本発の自由席特急券のみと制限がかかっているようです。

konoha120806r.jpg

豊肥線方面着で発券された自由席特急券はネットでも見かけます。
購入した当日は豊肥線水害のため、九州横断特急が熊本~別府間で運休になっていたため、松橋駅までの自由席特急券で発券していただきました。

まちの駅硬券入場券(ほんちょう駅・岳鉄プラザ駅)

岳南鉄道吉原本町駅はまちの駅ほんちょう駅岳鉄プラザ駅が併設されています。
まちの駅とは地域情報を提供し、交流を促進させる場として全国各地に設けられています。
道の駅の超ミニ版のような感じです。
ここでは岳南鉄道の歴史や写真を紹介しています。
また、記念に作成した硬券入場券を100円で販売しています。

machi120607.jpg

券面はちょっとしたパロディになっています。

出札補充券(木葉駅)

出札補充券はどのような乗車券でも発券できるオールマイティな切符です。
多くの駅で常備されていますが、非常用としている場合が多く、なかなかお目にかかりません。
具体的に使われるケースとして、
1.端末で発券できない場合(多経路、故障など)
2.常備券や補充片道(往復)乗車券がない場合
などが想定されます。

この切符は木葉駅で趣味発券していただいたものです。
お忙しい中、ありがとうございました。

konoha120806.jpg

また、実際にこのような使われ方もしておりました。
3.同一行程で2人以上が利用する場合
木葉駅では結構、常用している感じでした。

毘沙門天大祭特殊往復乗車券

岳南鉄道では吉原駅を除く有人駅に毘沙門天大祭特殊往復乗車券があります。
なお、この切符は通年発売されています。

tokushu120607.jpg

往路使用後は半券を渡すのではなく、見せるだけでよいみたいです。
珍しい型の往復乗車券です。

補充往復乗車券(木葉駅)

補充往復乗車券はマルス、POS端末が無い駅で使われている切符です。

JR木葉駅は簡易委託駅ですので、近距離切符のみ発売されます。
九州の簡易委託駅では片道乗車券はA型サイズに近い軟券となりますが、往復乗車券は補往となります。

konoha120806o.jpg

硬券入場券(岳南鉄道)

岳南電鉄では硬券入場券を全有人駅で発売しています。
また、吉原駅では無人駅のも含め、全駅の硬券入場券を発売しています。

yoshiwara120607n.jpg
jatco120607.jpg
honcho120607n.jpg
hon120607.jpg
harada120607.jpg
hina120607.jpg
fujioka120607.jpg
sudo120607.jpg
kamiya120607.jpg
eno-o120607.jpg

吉原本町駅のみ自駅で、それ以外は吉原駅で購入しました。
自駅で購入した入場券には入鋏してもらいました。
なお、フォーマットはバラバラで、印刷時期の違いで様々なバージョンがあります。

軟券乗車券(JR九州・簡易委託駅)

JR九州では簡易委託駅の切符は自動券売機の他に窓口で軟券を発売しています。

konoha990806.jpg

大きさはA型より若干横長になっています。
プロフィール

つばさのブログ

Author:つばさのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR