FC2ブログ

硬券(矢印式・岳南鉄道)

岳南鉄道では乗車券を基本的には硬券で発売しています。

honcho120607y.jpg
honcho120607x.jpg
honcho120607z.jpg

該当金額の運賃が両方向にある時は矢印式の切符となっています。
なので、吉原駅以外の有人駅には最低1口座は常備されています。
また、印刷された年代によって微妙に違いがあります。
子ども用も常備されています。
なお、自社完結の硬券はあらかじめ入鋏されています。

自由席特急券(JR九州・車急式)

以前は車内精算でよく見かけた車急式料金券。
簡単に発券できますが、売上げの計算が面倒ということなのでしょうか、現在は車発機に変わってしまいました。
しかし、現在でも車急式自由席特急券が現役の場所があります。
松本駅の精算窓口と行橋駅の平成筑豊鉄道乗換口です。

jiyuseki990813.jpg

行橋駅の自由席特急券です。
この切符を購入した際、お金が無かったので最上段の300円で購入する予定でした。
しかし、人が良さそうな駅員に勧められるまま、1,600円を購入しますと言ってしまいました。
結果として、長い状態で残せたので良かったですが。
それから、特定500円の欄があったので聞いてみましたが、これは売れないということでした。
将来的に、どこかの駅で販売する予定があるので、版を共通にしているのでしょうか。謎です。

硬券(一般式・岳南鉄道)

岳南鉄道では乗車券を基本的には硬券で発売しています。

yoshiwara120607.jpg
honcho120607.jpg
honcho120607c.jpg

該当金額の運賃が片方向にしかない時は一般式の切符となっています。
なので、吉原駅はすべて一般式となっています。
また、最近印刷されたものはいちばん遠い駅のみの表記となっています。
子ども用も常備されています。
なお、自社完結の硬券はあらかじめ入鋏されています。

臨発軟券往復乗車券(JR九州)

JR九州では大きなイベントがある場合、臨発の軟券往復乗車券を発売します。
関門海峡花火大会では近隣の駅で門司港駅、下関駅までの往復乗車券が用意されます。

kokura120813.jpg

小倉駅で発売された切符です。
門司港までと下関までと同額のため、駅名が併記されています。
いちばん多く発売されるため、日付も含めて全て印刷となっています。
行き先が固定されているため、裏面には何も印刷されていません。
なお、発売時にはミシン目の上位3分の1が切られた状態で売られていました。

軟券入場券(肥薩おれんじ鉄道)

肥薩おれんじ鉄道では有人駅で軟券入場券を発売しています。(簡易委託駅を除く)
その中で八代駅の入場券を購入しました。

yatsushiro999999.jpg

肥薩おれんじ鉄道の最低運賃は180円ですが、入場料金は160円となっています。
改札は別ですが、JR九州に合わせているのでしょうか。
大きさは乗車券と同じです。
乗車券と同様に各駅で使い回しできるようにでしょうか、駅名はハンコで押されており、日付は入っていません。

軟券乗車券(JR九州)

JR九州では有人駅(簡易委託を除く)の切符は基本的に自動券売機やE-POS、マルスで発売されています。
ただ、行橋駅の平成筑豊鉄道との乗換改札口では自動券売機の他に窓口で軟券を発売しています。

yukuhashi990813.jpg

簡易委託駅のものとは若干、違うフォーマットとなっています。
また、大きさもA型になっています。(簡易委託駅のものは若干横長)

この切符、大きなイベントがある場合、臨発されることがあります。
関門海峡花火大会では門司港駅で発売されます。

mojiko999999.jpg

帰りは自動改札がフリーの状態となっており、改札機の前に簡易ICリーダーが立てられていました。
なので、非磁気券の軟券が大活躍していました。

軟券乗車券(肥薩おれんじ鉄道)

肥薩おれんじ鉄道では主要駅に自動券売機が設置されていますが、窓口では軟券による切符を発売しています。

orange999999.jpg

各駅で使い回しできるようにでしょうか、駅名はハンコで押されています。
券面には発行日当日限り有効と書かれていますが、日付は入っていません。
大きさは横がA型より大きくなっています。

はやとの風

はやとの風は吉松~鹿児島中央間を結んでいる特急です。

2004年3月の九州新幹線部分開業により、観光特急として登場しました。
当初は毎日運転の臨時列車の扱いでしたが、2006年3月に定期列車となりました。

hayato120806.jpg

25kmを超える区間は特定特急料金となり、自由席は隼人駅をまたがる場合で500円、またがらない場合で300円となっています。
指定席は500円(閑散期は300円)増しとなっています。
写真の切符の区間は特定特急料金ですが、指定席のため、特急券表記となっています。

硬券連絡乗車券(岳南鉄道)

岳南鉄道ではJRとの連絡乗車券は硬券と補充券で発売しています。
朝~夕に駅員がいる吉原本町ではよく売れる区間を中心に、大人券だけではなく、小人券も常備されてます。

gakunan120607.jpg
gakunan120607c.jpg

大人券、小人券でいちばん安い区間を購入しました。
小人券はあまり売れないようで、旧様式の切符でした。
プロフィール

つばさのブログ

Author:つばさのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR