FC2ブログ

スーパー北斗

スーパー北斗は函館~札幌間を室蘭線経由で結んでいる特急です。

1994年3月に振子型気動車キハ281系を使った列車にスーパー北斗の愛称が与えられました。
その後、振子型気動車の増備とともに本数を増やしていき、現在ではスーパーが付いている列車の方が多くなっています。

hokuto060601.jpg

この切符は指のみ券で九州発行のものですが、北海道フリーパスで利用しました。

硬券入場券(近鉄)

近鉄では硬券入場券を全有人駅で発売しています。

nagoya060829.jpg
kyoto110307.jpg

5年間でフォントが若干変化しています。
現在のはパソコンで作成した原稿をもとに印刷しているような感じです。

ムーンライトえちご

ムーンライトながらは青春18きっぷ通用期間を中心に新宿~新潟間を結んでいる臨時夜行快速です。
1987年に新宿~村上間の夜行快速ムーンライトとして登場。
一時期、臨時で分割編成が新井まで運転されていました。
1996年3月にムーンライトながらが運転を始めたので、ムーンライトえちごに名前が変わりました。
その後、段階的に下り、上りが新潟発着になりました。
2009年3月からは臨時化されています。

echigo080330.jpg

補充往復乗車券(流鉄)

流鉄の補充券は片道用だけではなく、往復用もあります。
こちらも片道用と同様、JRとの連絡乗車券のみに使用されています。
ですから、馬橋駅と幸谷駅以外に設備があります。
今回、小金城趾駅で片道券と一緒に購入しました。
こちらは使用する予定が無かったので、子ども用の最低運賃で趣味発券していただきました。

ryutetsu110601o.jpg

オホーツク

オホーツクは札幌~網走間を結んでいる特急です。

1959年9月に旭川~網走間の準急として登場、1960年7月に札幌発着となりました。
1961年10月には急行となり、函館発着となりましたが、1964年10月には再度、札幌発着となりました。
1968年10月には名寄線経由となり、石北線経由は大雪となりました。
1972年10月には石北線経由の特急となり、順調に本数を増やしていきました。

okhotsk060530.jpg

この切符は指のみ券で九州発行のものですが、北海道フリーパスで利用しました。

硬券入場券(相鉄)

相鉄では硬券入場券を全駅で発売しています。
その中で海老名駅の入場券を購入しました。

ebina110601.jpg

大手私鉄で全駅発売なのは相鉄だけです。
しかもダッチングの日付と、鉄ちゃんにとっては嬉しい会社です。

九州ネットきっぷ

九州ネットきっぷはJR九州が行っているインターネット予約限定の割引切符です。
九州は高速バスが発達しており、この切符もかなりの割引率となっています。
基本的には2枚きっぷの1枚分の値段となっており、指定席用と自由席用は同額となっています。
(新幹線特定特急料金の区間を除く)
ですから、2枚きっぷが自由席用の区間では指定席料金分だけお得になります。
それに、2枚きっぷの設定が無い区間も含め、かなりの区間で設定があります。
また、一部区間ではグリーン車用もあります。
グリーン料金部分が一律100円引きとなっており、こちらも2枚きっぷよりお得になります。

kyushu110808a.jpg
kyushu110808b.jpg

この切符は日豊線特急きりしまのものです。
乗車券(A券)と特急券(B券)に分かれており、乗車券部分は企画乗車券と表示されています。
乗車券は5~0割まであるようです。
また、乗車券と特急券の(企)番号がなぜか違っています。(謎)
それから、券面がにぎやかで、いろんな制限が書かれています。
それから、乗車券が2日以上有効でも下車前途無効で、普通の乗車券と違う部分もあります。

硬券入場券(流鉄)

流鉄では硬券入場券を全駅で発売しています。
その中で馬橋駅、小金城趾駅の入場券を購入しました。

mabashi110601n.jpg
kogane110601n.jpg

よく見ますと、字の位置が微妙に違うのがわかります。

それから、馬橋駅には総武流山電鉄時代のものもあります。

mabashi110601a.jpg

裏には
(総武流山電鉄)
愛称「青空」
平成6年8月11日運用開始
○社 馬橋駅発行
と印刷されています。

SL北びわこ

SL北びわこは日曜日を中心とする観光期間中に米原~木ノ本間を結んでいるSL列車です。

kitabiwako000812.jpg

1995年8月~運転を開始しました。
当初は往復運転で、上り列車は蒸気機関車のバック運転でした。
しかし、その場合は速度制限を受けてダイヤ上のネックとなっていたため、現在は下り列車のみの運転で、上り列車は電気機関車牽引による回送となっています。
プロフィール

つばさのブログ

Author:つばさのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR