FC2ブログ

往復乗車券(硬券・ひたちなか海浜鉄道)

ひたちなか海浜鉄道では硬券乗車券を那珂湊駅で発売しています。
片道用の他に往復用もあります。

nakaminato200224.jpg

日付はダッチングですが、復片ではなく、往片に入ってます。

硬券(わたらせ渓谷鐡道)

わたらせ渓谷鐡道では硬券乗車券を発売しています。
以前は金額式や相互式がありましたが、現在は一般式と矢印式になっています。
運賃帯が片方にしかない場合は必然的に一般式となりますが、駅によっては両方にある場合でも一般式の場合があります。

aioi190617.jpg

相老駅からの最低区間の乗車券は矢印式です。
日付はダッチングでの対応です。

硬券(上信電鉄精算所)

上信電鉄では高崎駅での精算方法に特徴があります。
無札や乗り越し等で精算が必要な場合は、通常であれば精算所で支払い、精算済を証明する券やレシートを受け取り、改札口で渡します。
しかし、上信電鉄高崎駅では各駅から高崎までの乗車券が用意されており、精算所で購入? して改札口で渡す形を取っています。

sano190617.jpg

佐野のわたしから高崎までの精算用乗車券です。
通常の乗車券との違いは入鋏省略となっており、地紋がピンクとなっている点です。

硬券(上信電鉄)

上信電鉄では硬券乗車券を全有人駅で発売しています。
今回、高崎駅、下仁田駅で最低区間の乗車券を購入してみました。

takasaki190617.jpg
shimonita190617.jpg

全て、一般式の切符となっており、途中駅でも同じ運賃帯の切符が両方向、常備されています。
作成された時期によるものでしょか、地紋の色が違っていました。
日付はダッチングでの対応です。

硬券(矢印式・近江鉄道)

近江鉄道では硬券乗車券を全有人駅で発売しています。
該当金額の運賃が片方向にしかない時は一般式、両方向にある時は矢印式の切符となっています。
なので、矢印式は途中駅のみに常備されています。
彦根駅の矢印式乗車券です。
両方向ともカタカナ駅名と珍しい表記になっています。

hikone180110y.jpg

なお、2kmまでの区間は片方向にしかないので一般式となります。

hikone180110.jpg

日付はダッチングでの対応です。

それから、あまり出ない区間は準常備式乗車券となっています。

往復乗車券(硬券・関東鉄道)

関東鉄道では毎年1月の1ヶ月間、下妻駅で大宝駅までの往復乗車券を発売しています。

kanto190118.jpg
kanto190118c.jpg

枚数限定で、記念的要素が大きいです。
大人用だけではなく、小人用も用意されています。
この切符、よくみると往片と復片が逆になっています。
これだと大宝→下妻→大宝となります。
謎です。

硬券自由席特急券(京都丹後鉄道)

京都丹後鉄道の硬券自由席特急券も移管とともに一新されました。

jiyuseki160314.jpg

北近畿タンゴ鉄道時代の福知山駅には硬券自由席特急券が無かったので、移管後に常備されるようになりました。
この切符もピンク地紋ですが、JR連絡のものは青地紋となっています。

硬券(京都丹後鉄道)

京都丹後鉄道は2015年4月~北近畿タンゴ鉄道より事業が移管され、WILLER TRAINSが 第二種鉄道事業者として京都丹後鉄道の名称で運営に当たっています。
切符も移管とともに一新されました。
硬券乗車券です。

fukuchiyama160314.jpg

切符は親会社WILLER EXPRESSのイメージカラーであるピンク地紋となりました。(長距離乗車券は青色)
デザインも今までの切符には無いものとなっています。

硬券(矢印式・山形鉄道)

山形鉄道では硬券乗車券を有人駅の赤湯、長井、荒砥駅で発売しています。
ただし、後から有人駅になった宮内駅にはありません。
該当金額の運賃が片方向にしかない時は一般式、両方向にある時は矢印式の切符となっています。
なので、矢印式は長井駅のみに常備されています。

nagai180820y.jpg

なお、長井駅でも同じ運賃が片方向にしかない時は一般式となります。

nagai180820.jpg

硬券(養老鉄道)

養老鉄道では硬券乗車券を全有人駅で発売しています。
ただし、発売区間は主要駅までで、養老鉄道のサイトにも記されています。
今回、大垣駅で養老駅までの乗車券を購入してみました。

ogaki180110y.jpg

一般式のA型券で、日付はダッチング風のハンコでの対応です。
プロフィール

つばさのブログ

Author:つばさのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR