FC2ブログ

マルス券(北越急行完結)

北越急行では六日町駅、犀潟駅、十日町駅東口の出改札業務をJRに委託しています。
なので、それらの駅では北越急行完結のマルス乗車券も購入できます。

hokuetsu181217m.jpg

社線完結なので120mm券で発券されます。
クレジット決済も可能です。

出札補充券(北越急行)

北越急行は切符の発売は基本的に自動券売機です。
ただし、十日町駅西口の北越急行窓口には補充券が用意されています。
出札補充券です。

hokuetsu181217.jpg

特別補充券で発行できない往復切符やJR連絡切符の発行に使われておりますが、線内の片道切符も発行可能です。

特別補充券(北越急行)

北越急行は切符の発売は基本的に自動券売機です。
ただし、十日町駅西口の北越急行窓口には補充券が用意されています。
特別補充券です。

hokuetsu991217.jpg

北越急行の車両で運転されている越後湯沢~直江津間の片道専用で、JR線内の通過駅は含まれておりません。
以前、黒井駅を通過していた時のものは黒井駅がありませんでしたが、停車の際に版が作り直され、現在のものには黒井駅が含まれております。

出札補充券(京都丹後鉄道)

京都丹後鉄道の出札補充券ですが、こちらは会社名と地紋の変更のみに留まりました。

tantetsu990314.jpg

北近畿タンゴ鉄道時代のものと比べると、いくつかの駅名が変更されているのが分かります。

硬券自由席特急券(京都丹後鉄道)

京都丹後鉄道の硬券自由席特急券も移管とともに一新されました。

jiyuseki160314.jpg

北近畿タンゴ鉄道時代の福知山駅には硬券自由席特急券が無かったので、移管後に常備されるようになりました。
この切符もピンク地紋ですが、JR連絡のものは青地紋となっています。

硬券入場券(京都丹後鉄道)

京都丹後鉄道の硬券入場券も移管とともに一新されました。

fukuchiyama160314n.jpg

普通入場券の文字が無ければ、乗車券と間違えてしまいそうです。

硬券(京都丹後鉄道)

京都丹後鉄道は2015年4月~北近畿タンゴ鉄道より事業が移管され、WILLER TRAINSが 第二種鉄道事業者として京都丹後鉄道の名称で運営に当たっています。
切符も移管とともに一新されました。
硬券乗車券です。

fukuchiyama160314.jpg

切符は親会社WILLER EXPRESSのイメージカラーであるピンク地紋となりました。(長距離乗車券は青色)
デザインも今までの切符には無いものとなっています。

HIGH RAIL 1375

HIGH RAIL 1375は土休日や夏休み期間中に小淵沢~小諸間を結んでいるジョイフルトレインです。
ジョイフルトレインと言っても快速列車扱いで、指定席券を購入すれば誰でも乗車できます。

highrail180827.jpg

2017年7月~運転を開始しました。
列車名は珍しく、英数字のみとなっています。
長いため、切符の表記はHIGH RAIL○号と省略されています。
指定席券は820円と高めの設定になっています。

野辺山駅記念入場券

JR東日本では小海線にある野辺山駅の硬券記念入場券を発売していました。

nobeyama180401.jpg
nobeyama180401c.jpg
nobeyama180401a.jpg

専用台紙に大人券、子ども券、記念券がセットされていました。
記念とはいっても通年で発売しておりましたが、2018年10月31日をもって発売終了となりました。

車内補充券(しなの鉄道)

しなの鉄道には車内補充券の軟券があります。
以前は機械発券のレシート券でしたが、北しなの線開業とともに使用停止となり、記入式の補充券となりました。
機械の更新より安上りだったのでしょうか。

shinano180827.jpg
プロフィール

つばさのブログ

Author:つばさのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR