料金補充券(伊勢鉄道鈴鹿駅)

料金補充券はどのような料金券でも発券できるオールマイティな切符です。

伊勢鉄道鈴鹿駅はJR区間のみの自由席特急券発券のために料金補充券があります。
ただ、発券できるのは特急南紀と東海道新幹線の自由席特急券のみと制限がかかっているようです。

suzuka180103.jpg

現在、マニアックな区間以外でJR東海の料補を手に入れることができるのは鈴鹿駅のみとなっています。

料金補充券(伊勢鉄道)

伊勢鉄道では有人駅である鈴鹿駅に、JR連絡の自由席特急券発券のために料金補充券を用意しています。

ise180103r.jpg

JR以外の料補は珍しいです。
しかも、フォーマットがJRと似ているのは伊勢鉄道のみです。
区間はお任せしましたが、自社線内子どもの初乗りで発券していただきました。

出札補充券(伊勢鉄道)

伊勢鉄道では有人駅である鈴鹿駅に、JR連絡の切符発券のために出札補充券を用意しています。

ise180103.jpg

区間はお任せしましたが、自社線内子どもの初乗りで発券していただきました。

特別補充券(伊勢鉄道)

伊勢鉄道では有人駅である鈴鹿駅に、硬券を常備していない駅までの切符発券のために特別補充券を用意しています。

ise990103h.jpg

区間はお任せしましたが、子どもの初乗りで発券していただきました。

硬券特急券(伊勢鉄道)

伊勢鉄道では今となっては非常に珍しい硬券特急券を鈴鹿駅で発売しています。
自社完結は津まで、JR連絡は名古屋までが常備されています。

ise999999.jpg

津までの特急券です。
伊勢鉄道では指定席料金が無いので、自由席特急券も特急券表記です。

硬券入場券(伊勢鉄道)

伊勢鉄道では硬券入場券を鈴鹿駅でのみ発売しています。

suzuka999999.jpg

子ども用断線が入っていないので、左右対称のスッキリしたデザインとなっています。
訪問当日はダッチング機が故障のため、日付が入っておりません。
なので、記念切符のように見えてしまいます。

硬券(伊勢鉄道)

伊勢鉄道では硬券乗車券を鈴鹿駅と津駅西口で発売しています。
鈴鹿駅は一般式で河原田、津まで、津駅は金額式で全駅分が常備されています。

ise990103.jpg

鈴鹿から河原田までの一般式硬券です。
訪問当日はダッチング機が故障のため、日付が入っておりません。
実使用したため、スタンパーが押されています。
なお、鈴鹿駅ではJRとの連絡乗車券も発売しており、接続駅が経由として入るだけで、基本的な形は同じです。

硬券入場券(青い森鉄道)

青い森鉄道では硬券入場券を全有人駅で2014年7月24日より試験的に復活発売しています。
ただ、2017年現在も発売は継続されています。
その中で八戸駅の入場券を購入しました。

hachinohe171211.jpg

日付はダッチング風のハンコでの対応です。

モオカ14形導入14周年記念乗車券

真岡鐡道ではモオカ14形導入14周年記念乗車券を2016年に発売しました。
4枚それぞれ型とフォーマットが違っています。
A型券は準常備券、B型は地図式券、C型は連続券、D型は往復券となっています。

moka161210c.jpg

moka161210d.jpg

moka161210b.jpg

moka161210a.jpg

日付はダッチング風の印刷です。
有効期間は切れていますが、在庫分を販売しています。

硬券入場券(真岡鐡道)

真岡鐡道では硬券入場券を有人駅の真岡、益子、茂木駅で発売しています。
その中で真岡駅の入場券を購入しました。

moka170703.jpg

日付はダッチングでの対応です。
プロフィール

つばさのブログ

Author:つばさのブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR